クラウドサービスが何かをこっそり教えます。

>

クラウドサービスの使い方は難しくない

この記事をシェアする

クラウドサービスの種類を学ぼう

クラウドサービスにはいくつかの種類があります。簡単にいえばマップやメールなどを見るだけのサービス、アプリを作るサービス、PC以外の場所にデータを保存するサービスがその主なものとなっています。簡単にその内容について説明しましょう。
SaaS、サースと呼ばれるクラウドサービスはマップやメールなどのクラウドサービスです。PaaS、パースはアプリ開発など構築を目的に使用する人向けのクラウドサービス、そしてHaaS、ハースや、IaaS、イアースと呼ばれるものがネットワーク経由でデータ保存を利用できるサービスとなっています。
主となるサービスはこの3つです。つまり、クラウドサービスの基本は3つの単純な構造からなっているものであるということ。難しく考える必要もない程少ないのです。

クラウドサービスの使い方は

クラウドサービスの使い方ですが、例えばソフトウェアなどのようにどこかに出向いて購入するという行動をする必要はありません。クラウドサービスは全てのサービスがインターネット上で展開されています。そしてそのほとんどが無料。
使う人がサービスを探すということをしなくても、必要なサービスが必要な時に使えるというメリットがあります。
じゃあさっそく使ってみよう。そう思って何かを探す必要はありません。PCでもスマホでも、ご自身で気づかないうちにクラウドサービスを利用しているもの。クラウドサービスは、企業側が情報管理のための手段として使用しているため、普段の何気ないスマホチェックでクラウドサービスを利用していることは多々あるのです。


トップへ